絹糸の精練・染色の達人 シルクエキスパート

精練・染色技術紹介「色サンプル作成(ビーカー)」

生糸研究室

色サンプル作成(サンプル染め)

ご希望の色のサンプルを作成します。実際に使用する絹糸を染め視覚的に確認して頂くことが可能です。

意識して見ると、日々の生活は無限の色に囲まれています。
その中で人それぞれ好みの色がありますが、この色がきれい、こんな色の製品を
作りたいと思っても色の質感までを他の人に伝える事はとても難しい事です。

弊社ビーカー室ではその伝えにくい色を実際に使用する絹糸を使用し
ご希望の色に染めて視覚的に確認して頂くことが可能です。

色見本はカラーチップや雑誌の切り抜き、
異素材見本や製品などお客様の作りたいご希望色が
伝わるもの であればどんなものでもかまいません。
ご確認頂いた時に微調整が必要であれば
再ビーカーとして改めて製作いたします。

弊社ビーカーには色を確認するための≪ビーカー≫と、
わずかな試作(約12g)をするための
≪輪ビーカー≫の2種類がございます。

 

カラー調合専用ビーカー室完備

ベテラン調合師がご要望の色を再現します。

先染めで絹糸を染色してつくるファッションは、
鮮やかな発色とコントラストで美しいデザインが
創造できますが、サンプル通りの色に染め上がるか、
常に同じ色で再現できるか、洗濯時の堅牢度は
大丈夫かといった不安があります。

弊社の"カラー調合専用ビーカー室"には、
染料調合データが色サンプルと共に何千種類も
ストックされています。この基礎データに沿って
サンプル色を調合しベテラン調合師の感性と
確かな技術で、堅牢性にも優れデータ的にも視覚的にもぴったりと符号する色を再現していきます。

再現された色の染料データ、色サンプルはお客さまの
オリジナルカラーとして大切に保管されますので、
常に同じ色を再現することができます。

ファッションクリエーターから絶賛されている精緻な
色合わせ技術、堅牢性に優れた色再現能力で
皆様のデザインニーズにお応えいたします。

 

色サンプル作成(ビーカー)依頼の流れ

  1. 色見本と実際に使用する糸、色サンプル作成(ビーカー)依頼書(pdf/37KB)を
    弊社までお送り下さい。 (糸が無い場合は弊社の代替糸をご利用頂く事も可能です。
    この場合、代替糸と実際に使用される糸と間で染色誤差が生じる場合がございます。)

    ※色サンプル作成(ビーカー)依頼書は
    下記のPDFファイルを印刷してお使いください。

    色サンプル作成(ビーカー)依頼書(pdf/37KB)

    パンフレットを開くためには、AdobeReaderが必要です。
    AdobeReaderは無料にてダウンロードできます。


  2. 製作し、お送りさせて頂きます。
  3. ご確認後、微調整が必要な場合はFAXかお電話にて微調整のイメージをお伝え下さい。

発注書

    ※発注書は下記のPDFファイルを印刷してお使いください。
    発注書(pdf/42KB)
    発注書見本(pdf/53KB)

    パンフレットを開くためには、AdobeReaderが必要です。
    AdobeReaderは無料にてダウンロードできます。


精練・染色技術紹介一覧へ戻る

絹糸の精練・染色の達人 シルクエキスパート「山嘉精練」トップへ