絹糸の精練・染色の達人 シルクエキスパート

精練・染色技術紹介「リワインド」

生糸研究室

リワインド

紙管への巻き直し時に発生する問題を解決

細い糸でも紙管の端まで糸を持って行き、最適な状態で巻き直します。

元々はチーズ染色用ボビンに巻かれたままの状態で出荷をしていたのですが、
紙管へ巻き直して貰いたいというご要望が有った場合は外注先へ依頼しておりました。

しかし、外注先が持っている設備はドラム式という回転する溝部分に糸を乗せて
紙管の左右に糸を運ぶ機械でしたので、太い糸の場合は問題ないのですが、
細い絹糸は上手く溝にはまらず束状に巻かれてしまう事故が何度かありました。

これを改善するために弊社ではソフト巻機と同じくトラバス式のリワインド機を導入し
問題解決致しました。

この機械は硬さの調節だけでなく、細い糸でも必ず紙管の端まで糸を持って行きますので、
束状になる心配がございません。

この機械の導入により、巻きスピードもコントロールできるようになり、
糸の風合いを損ねる事を軽減し、より安心して絹糸をお使い頂けるようになりました。



精練・染色技術紹介一覧へ戻る

絹糸の精練・染色の達人 シルクエキスパート「山嘉精練」トップへ